漫画家志望 溝口楠乃のブログ

りぼんで漫画家志望をしています。2019.12.26 ブログのお引越しをしました。

りぼん投稿8作目


りぼん投稿8作目「夏空パズル」

投稿結果出ました!

♡Aクラス!!


成績落ちたー(´;ω;`)!!

♡は絵をがんばりましょうと言う意味


あぁぁぁそうかー…
絵かー…

うーむ…そう言われたらちょっと心当たりがある…!長くなるから割愛!

でもあえて一言でまとめると
つまり下手!ってことや!

あと、今思えばこれといった工夫がなかったかも…


正直、成長してると思ってたし、私が前にもうひと息賞をいただいた作品より劣ってるとは思ってなかったのたで、せめてもうひと息賞はとれると思ってました

だからこそのガチ凹み
今までで一番のガチ凹みです

たいてい現状維持か上がるかのどっちかで、
下がるとしてもブランク直後の作品とかだったので

越えるべきハードルは高くなっていくからこそ
生半可なものではすぐに落ちていってしまう

もちろん生半可なものな自覚はなかったんですが


そういえばこれほぼ全直しとかして作画期間最短だったやつかな

その次作の方が短かったっけ?

制作期間短いからって手を抜いたつもりはなかったんだけどなー…って思いながら見返してみたんですが、


うん!下手だわ!って思ってしまった…笑

どうしても自分の作品には甘くなってしまって
客観的評価ができないんだな

今回の一件でわかったことまとめ
・成績が下がった時の悔しい気持ち
・自分の甘さと客観的評価ができてなかったこと
・漫画で凹んだ気持ちは漫画を描くことで緩和されるということ
・毎月連続投稿ということはこのメンタルをえぐる結果発表が毎月やってくるってこと(25日くらいからずっとソワソワしてた笑
・私のメンタルは1日くらいガチ凹みすればそこそこ回復するってこと


自分で思ってたよりも落ち込んだし
自分で思ってたよりも回復するの早かったんですが

たぶんそれはもうすでに自分の中で過去の作品だから

たった1ヶ月半前に投稿した作品だけど、
2作も前の作品だから、
今見返すと過去!って感じで
今なら絶対こんな絵やコマ割りでOK出さないって思う

もちろん当時の自分なりに描きなおして描きなおしてこれだったのだけど、

なんていうか全体像が見えてなかったな


自分のダメだったところに気づくのは
成長が実感できるので嬉しいです

あ、あと
私ほんと担当さんが欲しくて

毎回毎回、次こそはデビューは無理でも、
担当さんがついて欲しいって思っていて

でももう将来性を見込まれて担当さんについてもらえるような年齢じゃないので
努力賞以上をとるしか方法はないんですが


担当さんがつくとネーム段階で見てもらえたり
アドバイスがもらえるのですごく羨ましくて

でも担当さんからなかなかOKが出なくて作画にうつれないって人もたくさんいるから

もし今私が若くて担当さんがついてたとしたら

今描いてるいじめが題材の漫画だって
もっと明るいキラキラした漫画を描いてって言われてしまう可能性だってあるわけで

担当さんがついてないからこそ
漫画が描けるんだっていう考え方もできるのかな


ポジティブなのかなんなのか…笑






プライバシーポリシー お問い合わせ